NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』のラスト!長男・武志の死ではなく●●!?

テレビ
スポンサーリンク

朝ドラにしては、なんだか暗い展開だよね 

朝ドラ『スカーレット』(NHK)が28日の最終話に向けていよいよ大詰め。3月に入ってからは主人公・川原喜美子(戸田恵梨香)の長男・武志(伊藤健太郎)が慢性骨髄性白血病を患う重苦しい物語が現在まで続いている。

喜美子の悲壮感あふれる姿は、窯焚きが失敗続きだったとき以上であり、ネット上にも「つらくて見ていられない」「何とか完治してほしい」などの悲痛な声が続出。本来、半年間放送される朝ドラの終盤は大団円に向かい、「主人公の幸せを視聴者が祝福する」という形が多いのだが、今作はなぜこれほど重苦しい物語が選ばれたのか。

タイトルとURLをコピーしました