【分析】アナウンサー・弘中綾香と田中みな実が急激にファンを獲得した方法は“●●武装”

芸能
スポンサーリンク

田中みな実は女性に嫌われているアナウンサーのイメージしかなかったのに気づいたら大出世ね

オリコンの『好きなアナウンサーランキング 女子アナ編』で、今年はテレビ朝日の弘中綾香アナが昨年の2位からついに1位に輝いた。

いっぽう『文春』の『アナウンサー好感度ランキング』では日本テレビの水卜麻美アナが連覇を果たし、弘中アナは8位にランクイン。弘中アナに関して言えば、昨年の18位から一気にジャンプアップしている。

これは、彼女の人気が急上昇しているということの表れだろう。前回はランク外だった嫌いな女子アナでも7位に登場していて、注目度が上がったことがうかがえる。

オリコンのランキングでは、弘中アナに次いで2位に田中みな実アナが登場。その一方で、田中は、文春のランキングでは好感度が14位、嫌いなアナで4位となっている。

かつては女子アナが注目を浴び、ブームを作ったこともあった。ブーム全盛だったころから長らく、人気となる女子アナの傾向はほぼほぼ決まっていて、まず“好感度”が一番だった。フジテレビの『パン』シリーズで人気の出た高島彩や生野陽子、加藤綾子、日本テレビの水卜麻美はまさに好感度が高いと言えるだろう。

タイトルとURLをコピーしました