【文春砲】女優・佐々木希は別居も破局もしないと決断!アンジャッシュ・渡部建の不貞も支える理由とは?

芸能
スポンサーリンク

 苦境を乗り越えて頑張って!

18日発売の週刊誌『週刊文春』が、アンジャッシュ・渡部建さん(47)の不倫スキャンダルの続報を出し、妻で女優・佐々木希さん(32)が周囲に「離婚しない」宣言をしていることなどを伝えています。

先出し公開された記事によれば、佐々木希さんはアンジャッシュ渡部建さんが複数の女性と関係を持っていたことを知った後も、「離婚の意思がない」「私が支えていく」などと周囲に語っているといいます。

その理由について佐々木希さんが所属する事務所関係者は、

“「意外かもしれませんが、元々家庭内では渡部さんの方が立場は上。佐々木さんの方が渡部さんをリスペクトしているのです。この騒動の間、彼女は『夫が憔悴しているのでずっと一緒にいます』と付きっ切りの状態。彼女を心配する知人には『私が彼を立ち直らせる』と気丈に振る舞っている。すでに彼女は『離婚しない』という決断を下しています」

”と明かしています。

また、18日発売の週刊誌『女性セブン』もアンジャッシュ渡部建さんの女性関係、夫婦の内情について報じており、記事には2014年ごろに渡部さんと出会い、“愛人契約”のようなものを結んだという30代女性・A子さんが取材に応じ、渡部さんとは高級交際クラブで出会ったことを明かしています。

A子さんはアンジャッシュ渡部建さんとの関係について、

“「2014年頃に出会って、その後、付き合ってほしいと言われたので、愛人契約のような関係を結びました。頻度は月に2~3回、1回のデートで5万円もらっていました。私の時はトイレだけでなく、車で高級ホテルに行くこともありましたよ。相手は私1人じゃないと気づいていましたが、お金がもらえるなら、まあいいかなと…。」

”と語っています。

タイトルとURLをコピーしました