【ハケンの品格】ドラマで活躍する女優・篠原涼子が夫と別居!原因は不仲ではなく、●●●のため!?真相は?

芸能
スポンサーリンク

 別居したのは事実だけど理由は色んな説があるのね

5日に最終回(第8話)を迎えるドラマ『ハケンの品格 第2シリーズ』(日本テレビ系 水曜22時)で主演している女優・篠原涼子さん(46)が、夫で俳優・市村正親さん(いちむら・まさちか 71歳)と別居生活していることが4日発売の週刊誌『女性自身』の報道で明らかになりました。

篠原涼子さんの所属事務所『ジャパン・ミュージックエンターテインメント』は、別居は事実と認めており、その理由についても明らかにしています。

『女性自身』の取材によると、篠原涼子さんは今年3月頭に市村正親さんと子供を残して自宅から出ていき、車で10分ほどの距離にある高級賃貸マンション(1LDKで家賃が約80万円)で独り暮らしを始めたといい、ここから連日のように仕事現場へ向かう姿をキャッチしているとしています。

夫婦と親しい知人は取材に対して、

“「篠原さんは3月初頭から1人で生活しており、市村さんとは別居しています。お子さんの面倒は市村さんが自宅でずっと見ているそうです」

”と明かしています。

タイトルとURLをコピーしました